読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jr祭り_Love-tuneと北斗くん

.

.



行ってきましたJr祭り!


Love-tuneが好きだと再認識。

あの子達凄いんだ…。

初出しの曲も沢山あったけどなによりまず驚いたのがNOWAYOUTを歌ったこと。これは顕嵐が有翔様だった…。モロさんの煽りが最高で。皆SHARK出てましたかばりの演奏。もう興奮だった!!!

むちゅこいはアイドルって感じで皆可愛くてながつが差し出した手を跪いた顕嵐が受け取るところでまたもや大興奮!!!

そして安井くんの「他のグループのファンの子もいると思うけどこの曲はみんなで一つになろう。未来へ連れてってやるよ。」この言葉で一気に盛り上がったのは嘘ではないはず。凄い会場が一つになった感覚がした。若干(いやかなり?)の贔屓目はあるとは思うが、やっぱり'未来へ連れてってやるよ'の言葉のチョイスは最高だ。

だって未来=CALLじゃないか!

このCALLだって焦らしに焦らされ、もう無いのかななんて思った時にやっと歌った。

やっぱりLove-tuneは焦らし上手なのかもしれない。


初めて見たSixTONES。とにかく背が高い。文句無しのオーラ。ファンの子はこれに惹かれるのかなあ、とも思った。実際私も登場した時のSixTONES強い…!と圧倒されたほどだ。

SixTONESは他のグループと比べてオリ曲全出しだったりと先輩の曲を歌うのが少なくて少し残念だった。オリ曲もいいけど、せっかくだから少しでいい、先輩の曲も歌う時間を取って欲しかったなと思った。

きっと私はそういう所が好きとは思えないのかもしれない。スト担の子達は全部オリ曲できたSixTONES強い、なんて言ってたけど私にはそうは思えない。もちろんオリ曲のSixTONESとても強かった。かっこよかった。興奮した。自分たちの強さを見せるのは間違ってはいないと思う。


そして!すのすとコラボ。誰が考えたのか知らないけど、闇を突きぬけてからのバスケ…。正直何故またやる?と呆然と見ていました。(はだけた瞬間興奮したことは内緒)

まあバスケはやると思ってたよ…他にやることないのか…と。やってもいいけどここでやるのはまた違うんじゃないかなとも思った。

これはジャニアイ醸し出してた全体のところにもあったかな…(メドレー自体はよかった)


SixTONESに関しては辛口になってるけど、グループとしてうーんってなってるだけで、個々は好きだ。

歌が上手い京ジェ、笑顔が可愛い髙地くん、爆モテDKじゅったん、ごりごりしてるわりには声かわいい慎ちゃん、お色気とにゃんにゃんのギャップのほっくん。皆好き。

この矛盾(?)みたいなものがすごく悔しいしもやもやする。


初めて見るほっくんはとにかくえっちだった。色気むんむん振りまいてた。スタンド席だった私にもガッツリ見えた。(ガン見してた)

そしてやっぱり私はほっくんの声が好きだ。少し掠れたような色っぽい歌声、柔らかい話し声。だから生で声が聞けて本当に嬉しかった。


Jr祭りは簡単に行ってみたら少クラが大きくなった感じ。もっと個人個人のごちゃまぜを期待してたけど、グループごとだったし、あってもほんの少しだったし、新鮮味のようなものは感じられなかった。

せっかくの横アリなんだ。作ったのが誰にせよ、もう少し違う形で作ってくれても良かったのではないか。



何はともあれ、Love-tuneは最高だったしほっくんも最高だった。

もちろん他の子達もキラキラ輝いてたし、初めて見る子ばかりだったけど皆一生懸命歌って踊る姿はとてもかっこよかった。

それだけははっきりと言える。

追加公演も決定したが、あと数週間後には本番。全部変えてくるのは難しいだろう。

せめて横アリでの失敗や経験を活かしてファンの子や彼らにとって更に良いコンサートにしていってほしい。